Yahooショッピング

楽天

楽天カード

年会費永年無料

FC2ID登録・ポイント購入方法・問い合わせ

ブロマガ購入にはFC2ID(無料)に登録していただき、クレジットカードでのお支払いまたはFC2ポイント(銀行振込等)を購入する必要があります。

FC2ID登録 FC2ポイント購入方法はこちらをご覧ください

想い出の選手たち~飯原誉士~

「馬鹿の一つ覚え」
そう言われることがあった。
どんな状況でも初球から仕掛けていく。
凡打した次の打席も、初球をフルスイング。
「少しは考えろ」
そんなヤジがスタンドから飛ぶ。
本人にも届いていただろう。
しかし彼は、その姿勢を貫いた。
考えた故の初球勝負だったからだろう。

故障の多い選手だった。
それが俊足と言われた走力を、強肩と言われた送球を消していった。
残った打撃を活かすため、彼は早い仕掛けを生き残りの術とした。
ファーストストライクをフルスイング。
相手もそのスタイルをわかっている。
そのためあっさりとした凡打が多くなった。
しかし相手が仕留めたと思うような難しい球を打ち、劇的な一打を生んだ。
「二度と同じようには打てない」
自分でもわからないような奇跡的な打撃。
意外性ともいわれたが、力のない選手に出来ることではない。
心を折らない積極性が、勝負強さを呼んだのだ。

彼はスワローズのユニフォームを脱ぐ。
しかし再びの打席を求めて、挑戦を続けていくという。
もちろん打席がもたらされれば、やはり初球をフルスイングしていくのだろう。
頑ななスイングで奇跡を呼ぶ男。
「まだ振れる」
まだ心は折れていないのだろう。
来年、「馬鹿の一つ覚え」と言われても、そんな彼の奇跡の一打がまたみられるかもしれない。
そしてその一打は、背番号が、ユニフォームが変わっても、初球フルスイングであるはずだ。



下の3つバナーはランキングサイトです。
「読んだよ」の合図に3つのクリック、忙しければひとつしてからのお帰りをお願いします

 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 野球ブログ 東京ヤクルトスワローズへ
にほんブログ村←この文字をクリック


blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

Template Designed by DW99