Yahooショッピング

楽天

楽天カード

年会費永年無料

FC2ID登録・ポイント購入方法

ブロマガ購入にはFC2ID(無料)に登録していただき、クレジットカードでのお支払いまたはFC2ポイント(銀行振込等)を購入する必要があります。

FC2ID登録 FC2ポイント購入方法はこちらをご覧ください

負けなかったのか勝てなかったのか… スワローズ8-8ライオンズ~神宮L3回戦(延長12回)~

FC2ID無料登録方法はこちらをクリック

FC2ポイント購入方法はこちらをクリック

ブロマガの購入と管理


下の3つバナーはランキングサイトです。
「読んだよ」の合図に3つのクリック、忙しければひとつしてからのお帰りをお願いします

 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 野球ブログ 東京ヤクルトスワローズへ
にほんブログ村←この文字をクリック

人気ブログランキングへ

更新メールが届かない方は、以下のリンクをクリックし、対応してみてください。
受信メール不具合について

交流戦  神宮  ライオンズ3回戦
L 005012000000 8
S 000110024000 8
スワローズ2敗1分

本塁打 メヒア7号(3回・星・中スト)バレンティン9号(4回・ウルフ・内ツーシーム)中村12号(6回・成瀬・内スラ)山田7号(9回・増田・中スト)
盗塁 源田(3回・星-中村)金子(4回・星-中村)
失策 中村(3回・盗塁時2塁悪送球)金子(9回・左安後逸)源田(9回・遊ゴ1塁悪送球)
盗塁死
走塁死 中村(5回・三走三ゴ本塁突入挟殺)
暴投
捕逸 炭谷(5回)

 ウルフ 5回 5安打 3奪三振 0四死球 2失点 自責点1
 武隈 1回 2安打 0奪三振 0四死球 0失点 自責点0
 平井 1回 1安打 1奪三振 0四死球 0失点 自責点0
 南川 1回 3安打 1奪三振 0四死球 2失点 自責点2
 増田 1回 5安打 0奪三振 0四死球 4失点 自責点3
H牧田 2回 0安打 2奪三振 0四死球 0失点 自責点0
 シュリッター 1回 1安打 0奪三振 1四死球 0失点 自責点0

 星 5回 7安打 1奪三振 6四死球 6失点 自責点6
 成瀬 1回 2安打 0奪三振 0四死球 2失点 自責点2
 山本 1回 0安打 0奪三振 0四死球 0失点 自責点0
 中島 2回 1安打 1奪三振 0四死球 0失点 自責点0
H秋吉 1回 0安打 2奪三振 0四死球 0失点 自責点0
Hルーキ 1回 0安打 0奪三振 1四死球 0失点 自責点0

 近藤 1回 0安打 1奪三振 0四死球 0失点 自責点0

金子 中安 左飛 四球 一ゴ 一ゴ 中飛
9木村
⑥源田 遊ゴ 四球 二邪飛 中飛 遊ゴ 一ゴ
⑧秋山 一ゴ 右2① 一安 遊ゴ 見三振 四球
浅村 中飛 右邪飛 三邪飛 左2 左安 三ゴ
⑤中村 二ゴ 四球 四球 左本② 一飛 遊ゴ
⑦栗山 四球 四球 右2
R74外崎 三ゴ 遊ゴ 遊直
③メヒア 中飛 左本④ 二飛 左飛
1平井
1南川
H渡辺 二直
1増田
1牧田
H水口 空三振
②炭谷 中2 捕邪飛 右安① 一ゴ 見三振 二ゴ
①ウルフ 遊ゴ 見三振 投ギ 
1武隈
H97田代 遊ゴ 空三振

④山田 見三振 遊ゴ 三ゴ 空三振 右本② 一邪飛
⑧坂口 左飛 空三振 二ゴ 空三振 左飛 遊飛
⑦バレンティン 遊ゴ 中本① 中飛 左安 遊安
R7鵜久森 遊ゴ
⑨雄平 二ゴ 中飛 右安 右安 左安 空三振
③グリーン 二ゴ 二ゴ 右安 左中2② 右安① 
R西浦
1秋吉
1ルーキ
1近藤
H西田 遊ゴ
⑥大引 遊ゴ 左安 三ゴ併 中飛 遊失 四球
②中村 右飛 遊安 遊ゴ 左飛 中飛 左飛
⑤藤井 中安 空三振 三安 二ゴ 遊ゴ 投安
①星 投ギ 
H大松 右安
R比屋根 
1成瀬
1山本
H上田 遊飛
1中島
H3荒木 右中3 空三振 遊ゴ

6-8と迫ったが9回2アウトランナーなし。
ここで3番バレンティンは、一発を捨てコンパクトに打ち返そうと、増田の球に食らいついていた。
2-2から4球連続ファール、明らかに引き付け右へ打つ形で凌いでいた。
そして9球目、タイミングをずらされスライダーを引っ掛ける。
しかし打球は三遊間深くに飛び、源田がそれをつかむ。
全力疾走のバレンティン。
この姿は初回にもみられたもの、ただその後守りに付く際、しばらく膝に手を当て脚の具合を確かめていた。
大きな故障にはなっていないが、痛みを覚えながらの出場。
それでもバレンティンは走った。
途中脚の痛みにフットワークは乱れたが、スピードを落とすことなく1塁を駆け抜けセーフ。
”気分屋“と言われるバレンティンだが、WBCで見せたように勝利への思いが非常に強い選手。
ライオンズがこの3連戦スワローズに見せつけた俊足選手の、スピードを生かした出塁、進塁とは違う、必死なだけの激走。
勝ちには繋がらなかったが、同点に追いつくきっかけとはなった。
「勝ちたい、なんとしても」という思い。
「1塁への全力疾走」は当然のことと言われる。
それがどんな意味を持つかを教えてくれる、泥臭い走りだった。
<続きはブロマガで>
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

Template Designed by DW99