Yahooショッピング

楽天

楽天カード

年会費永年無料

FC2ID登録・ポイント購入方法・問い合わせ

ブロマガ購入にはFC2ID(無料)に登録していただき、クレジットカードでのお支払いまたはFC2ポイント(銀行振込等)を購入する必要があります。

FC2ID登録 FC2ポイント購入方法はこちらをご覧ください

~フリーコラム~“前後の打席を捨てて生かす”もう一歩踏み込んだ策で菅野にリベンジを

昨日の「ファーストストライク狙い」について、いろいろな意見が出ているので、少し書く。
「良い投手に対してファーストストライクを打ちに行く」というのはよくある策で、昨日のスワローズの指示も珍しいものではない。
ただ前回もおそらく同様の策が出ていたと思われ、8回終了時の菅野の球数はほぼ変わらなかった。疑問を投げかけているファンの声は、昨日単体ではなく「同じ失敗を繰り返した」というものに向けられたものだろう。
では前回の攻撃にヒントがなかったのだろうか?

4/18の菅野との対戦は3安打だったが、外野へ飛んだヒットはバレンティン、畠山の2本。
この2人の共通点は、バレンティン1打席目9球、2打席目4球、3打席目4球の後の4打席目3球目をヒットしたもの。
畠山の1打席目は初球打ちだったが、3、5球と増えていき、4打席目の初球をヒット。

昨日の打撃にもこういうところは見られ、藤井は1打席目初球打ちだったが、2打席目4球、3打席目5球の後で迎えた打席だった。
バレンティンも4球、4球の後の初球、荒木は1打席目三振だが6球見たうえでの2打席目初球。
途中出場の武内も1打席目に5球目を打ってヒット、2打席目が初球だった。
2球目を打った雄平は、異質に見えるが、1打席目にワンシームを見送って2球目のカットを打った凡打の後、逆の攻めとなった初球カットがボールになった後、1打席目に見逃したツーシームをレフトへ流し打っている。

先発投手の立ち上がりは不安定になりがちなのは、野球経験者でなくてもファンとして長く試合を見ていればわかること。
ただ菅野ほどの投手になれば、いくら立ち上がりとはいえ、その日の球筋がわからないファーストストライクを打ちに行くのが得策だったかどうか?
ランナーなしであればそのままでも、出塁があった場合は変えても良かったのではないか?という疑問とともに、打席毎の球数を見ていくと、他の攻め方もあったかもしれないという思いを抱く。

菅野ほどの投手となれば、粘るのも難しく、ピンチを背負えばギアを上げてくるだけに、球数を投げさせるのは難しい。
ただ凡打を利用することは出来たはずだ。
例えば、1打席目を捨てていくという戦法もありだと思う。
3球ストライクで終わってしまうかもしれないが、いろいろな球種を見るために、出来るだけ球を見る。
もちろんタイミング的には打ちに行くのだが、バットは出さない。
追い込まれたらなんとかバットに当てることだけを考える。
前に飛んで凡打になってしまうかもしれないが、上手くファールに出来ればもうワンチャンスある。
現状のスワローズ打線は主力に当たりが出ないだけでなく、一軍で数字を残せていない打者もスタメンに並び、力不足は否めない。
1打席目、追い込まれれば捨てるという策を打って出れば、一巡目は9人で終わってしまうかもしれない。
しかし球筋を見ていれば、2打席目以降確率は上がるだろう。
それは昨日の結果を見ても明らかだ。
前後の打者との繋がりも打線にとっては大切だが、打席毎にも繋がりはある。

これは一つの例でしかないが、「ファーストストライクの被打率が高いから初球狙い」ではなく、もう少し突っ込んだ策で、次の対戦では挑んでほしい。
それぐらいの開き直りに近い攻撃でなければ、菅野クラスの投手はなかなか崩せない。
初球凡退より、たとえ3球で終わっても後続打者への参考にはなる。
打線が力不足だというなら、苦手にしているのなら、大胆な策が必要だったように感じる。

下の3つバナーはランキングサイトです。
「読んだよ」の合図に3つのクリック、忙しければひとつしてからのお帰りをお願いします

 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 野球ブログ 東京ヤクルトスワローズへ
にほんブログ村←この文字をクリック


blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

Template Designed by DW99