Yahooショッピング

楽天

楽天カード

年会費永年無料

FC2ID登録・ポイント購入方法

ブロマガ購入にはFC2ID(無料)に登録していただき、クレジットカードでのお支払いまたはFC2ポイント(銀行振込等)を購入する必要があります。

FC2ID登録 FC2ポイント購入方法はこちらをご覧ください

今日は点の取り合い!腹をくくったベンチ采配に応えた畠山復帰打線 タイガース6-10スワローズ~甲子園T7回戦~

野球でよく使われる「流れ」。
実際にはその流れがどの方向へ流れているのかは見えない。
しかしきっかけは、割とはっきりわかるものだ。
5点のリードをもらいながら、ペレスは2者連続死球を当て、自らの牽制悪送球から抑えが利かなくなった。
5-5の同点の7回、満塁で中村の打球は名手大和の前で少し跳ね、ファンブルして送球が遅れた分、天屋根のカメラに映ったホームクロスプレーはアウトに見えるが、すんなりプレーが進まなかったことで球審の腕は横に広がった。
ベイスターズ戦でスワローズを苦しめたコリジョンルール、ビデオ判定もフォースプレーでは採用されないことで、判定はそのまま。
このプレーでドリスの精神状態は不安定になり、連続タイムリー、リリーフ高宮からもタイムリーが出て、この回5点。
ミスによるその後の力み、ファンブルによる送球が遅れというイメージ。
どちらも人間らしいもの。
メジャーやほかのスポーツでは”チャレンジ制度“が始まり、日本のプロ野球でもビデオ判定の枠が年々広がっている。
ただその後のプレーに影響を与えるのは、人間である選手のメンタル。
流れとは、人の心の動きのことを言い換えたものなのかもしれない。
<続きはブロマガで・・・>


下の3つバナーはランキングサイトです。
「読んだよ」の合図に3つのクリック、忙しければひとつしてからのお帰りをお願いします

 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 野球ブログ 東京ヤクルトスワローズへ
にほんブログ村←この文字をクリック


blogram投票ボタン



人気ブログランキングへ
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

Template Designed by DW99