Yahooショッピング

楽天

楽天カード

年会費永年無料

FC2ID登録・ポイント購入方法

ブロマガ購入にはFC2ID(無料)に登録していただき、クレジットカードでのお支払いまたはFC2ポイント(銀行振込等)を購入する必要があります。

FC2ID登録 FC2ポイント購入方法はこちらをご覧ください

今季のセリーグは新監督誕生で変化があるか?

今季セリーグでは3人の新監督が生まれた。
その注目度もあって、監督コメントがメディアを賑わせている。
ただ監督談話だけが、メッセージではない。
キャンプメンバーの振り分けもそのひとつだが、それよりも大きな意味を持つと思われるものが開幕のスターティングメンバーだ。
開幕投手はその投手を一年間軸で行くという想いを伝えるものであり、中軸やキーとなる選手の打順もそれに近いものがある。
開幕時の構想がズレたときに修正するのも監督の仕事だが、核となる選手の代わりはなかなかいないものだ。
昨年セリーグは史上に残る混戦、そして最下位からの下剋上でスワローズの優勝という幕切れになったが、上記のことを踏まえると至ってシンプルな結果だった。
真中監督がよく口にするが、「やるのは選手」まさにそういったシーズンだったのだ。

下記に昨年開幕時各球団の開幕オーダーと、先発6番手までの投手を並べてみる。
山田川端⑦ミレッジ⑧雄平畠山⑦ユウイチ⑥大引②中村
小川 石川 杉浦 成瀬 石山 ロマン
坂本④井端⑧長野③阿部⑤村田⑦高橋⑨亀井②小林
菅野 ポレダ 高木 杉内 大竹 マイコラス
鳥谷上本⑤西岡③ゴメスマートン福留②梅野⑧大和
メッセンジャー 岩田 藤浪 能見 岩本 岩崎
⑨鈴木誠④菊池③グスマン⑦松山⑤梵②會澤⑥田中
前田 ジョンソン 黒田 大瀬良 野村 福井
大島④荒木③森野⑤ルナ平田⑦藤井⑥エルナンデス②松井雅
山井 バルデス 八木 大野 吉見 伊藤
④石川⑧桑原⑨梶谷筒香ロペスバルディリス⑥倉本②黒羽根
久保 山口 三嶋 井納 モスコーソ 高崎
※カープ、ドラゴンズは開幕時中5日ローテのため、6番目に出てきた先発を加えた。
太字は規定打席、投球回、赤字は二桁勝利

まず打者部門、レギュラーの目安となる規定打席到達者はS5人(2人)、G2(0人)、T5人(3人)、C3人(0人)、D4人(2人)DB4人(3人)。
カッコ内は打率10位以内の選手の数。
スワローズ、タイガース、ドラゴンズ、ベイスターズの打線は、開幕前にそれぞれの監督が思い描いたような顔ぶれ、そして数字が残ったと言ってもいいだろう。
ジャイアンツとカープは開幕オーダーのクリーンアップで規定打席到達はそれぞれ3番の長野と丸だけであり、中軸の機能不全があったことがわかる。
開幕スタメンから漏れ、規定打席に到達したのはカープ新井のみだった。
続いて投手に目を向けてみる。
これもローテーション投手の目安となる規定投球回達成者の人数を出してみる。
S2人(2人)、G4人(2人)、T4人(2人)、C3人(3人)、D1人(1人)DB0人(0人)
カッコ内は二桁勝利投手の数。
下位に沈んだ2チームの苦戦ぶりがわかる。
ドラゴンズはここに若松が規定投球回には届かなかったが、二桁に到達した。
しかし終わってみれば5位であり、規定投球回、二桁勝利ともにいなかったベイスターズの上がやっとだった。
こうして並べてみると、投手陣が上位だったのはジャイアンツ、タイガース、カープの3球団だったことがわかる。

順位以外でこの数字を見ただけであれば、バランスから行ってタイガースが優勝となっていてもおかしくはない。
4人の規定投球回に到達した先発陣。
スワローズは強固なリリーフ陣があったとはいえ、タイガースにもクローザーにバーネットとタイトルを分けあったオ・スンファンがおり、最優秀中継ぎタイトルの福原がいた。
現実には優勝したスワローズと較べても打線はそれほど遜色ないもの。
たしかにスワローズは打撃主要3部門の1,2位を独占したが、本塁打5位、打点4位の福留、本塁打8位、打点6位のゴメスがいた。
打線では劣っても、先発、抑えの投手陣とのバランスを考えれば、少なくともジャイアンツよりは上へ行ってもいい数字は残っている。
スワローズの有利性があったとすれば、軸である館山が夏に復活し、9月に開幕ローテーションだった杉浦が復帰したことだろう。
ただそこに勢いを呼ぶものがあったとはいえ、6ゲーム差をつけられた3位に沈むほどではないと思う。
あえて言えば新戦力の台頭がなかったということだが、これだけの数字を残すレギュラーがいたのだから、なかなか入れ替わりは難しいのが現実。
昨年の開幕前順位予想で「タイガースは個人の成績が順位に結びつかない不思議なチーム」と書いたが、戦力の整い方としては理想的であり、どこに問題があるかは今季そのまま課題となる。

またカープも二桁勝利が3人、そこに9勝の福井がいて、なお打線ではグスマンが不発だったものの、エルドレッドがシーズン途中に復帰し、戻ってきた新井がクリーンアップの穴を埋める活躍を見せた。
シーズン前の優勝候補らしさのある数字は、選手個人に残っている。
ただここは打線が固定出来ず、猛打爆発の試合の翌日にクリーンアップの並び、メンバーが変わっているようなところがあり、チーム一丸のムードが出なかった部分がある。
さらに優勝候補と言われ、そのキーマンとされた黒田効果が期待されたようなムードを起こさなかったのも原因だろう。
スワローズの館山復活のようなものが起こるかに思われたが、現在のカープにいるメンバーにとって、黒田は還ってきた人ではなく、移籍してきたメジャーリーガーであり、投手への効果はあったかもしれないが、打線にその流れは来たようには見えなかった。
チームとしては“空回り”という印象が強く残ったシーズンに終わった。

そこで迎える2016年。
今季はジャイアンツ、タイガース、ベイスターズに新監督、ドラゴンズの谷繁監督も専任一年目。
また昨年調子が悪かったとはいえ、打線の軸であったタイガースマートン退団、そして長打こそないが安定感抜群のルナがドラゴンズからカープへ移籍。
投手ではスワローズバーネット、タイガースオ・スンファンが退団となり、カープのエース前田が海を渡った。

昨年夏場以降の投手陣で一年戦う望みを持ち、バレンティンが復帰する打線で連覇を目指すスワローズ。
硬直化しつつあったジャイアンツとタイガースが、新監督を迎えどう変わるか?
長年エース不在のベイスターズをラミレス新監督が投手陣をどう編成するか?
戦力はあったはずが、4位に終わりそこから前田が抜けたカープはどうチームをまとめ上げるか?
まだ完全ではない世代交代の中にあるドラゴンズ、とくにポスト谷繁は誰になるのか、混沌としたままか?
以外に開幕から変わらない選手たちで戦ってきたセリーグだが、今季は監督交代もあり違った面がみられそうだ。
その変化は間もなく始まるキャンプから見えてくるだろう。


下の3つバナーはランキングサイトです。
「読んだよ」の合図に3つのクリック、忙しければひとつしてからのお帰りをお願いします

 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 野球ブログ 東京ヤクルトスワローズへ
にほんブログ村←この文字をクリック


blogram投票ボタン



人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

Template Designed by DW99