Yahooショッピング

楽天

楽天カード

年会費永年無料

FC2ID登録・ポイント購入方法

ブロマガ購入にはFC2ID(無料)に登録していただき、クレジットカードでのお支払いまたはFC2ポイント(銀行振込等)を購入する必要があります。

FC2ID登録 FC2ポイント購入方法はこちらをご覧ください

2016年スワローズ4番は誰に決まるか?

「山田は3番が理想だが、状態、バランスを考えながら4番も含め考えたい」
大まかだが、真中監督は16年の打線構成についてはまだ白紙であることを口にした。
おそらく故障やアクシデントがない限り、現状レギュラーで打順が決まっているのは2番川端と8番中村ぐらいだろう。
4番の経験者が山田を含めて4人いるというのは、かなり贅沢な打線だが、それだけに真中監督としては迷いがあるのは当然だ。

15年スワローズの4番は雄平でスタートした。
“3番最強説”を唱える真中監督のこと、もしバレンティンがいても雄平の打順はそのままスタートしたことだろう。
もちろんこの雄平、他の候補が全員右打者なだけに16年も4番候補であるのは間違いないが、その選択には違いがあるように思える。
14年の開幕雄平は2番でスタートしたが、それは他に適任者がいなかったからだ。
選球眼が良くない雄平は、出塁率を四球で上げる確率の低い打者であり、逆方向へ打つのを得意とするだけに、左の2番打者としては不適格となって、結局クリーンアップに落ち着くこととなったのだが、そもそも向いている打順というのが数少ないタイプ。
クリーンアップの中でも、2番をスケールアップしたようなタイプが欲しい3番は上位でもあり向かない。
「本質的に打ちたがりで、チャンスに強いタイプではない」とOBの宮本氏が言っていたが、勝負強さが求められる5番も不向きといい事になる。
的を絞って打つタイプではなく、ボール球にも手を出す。
ただ調子の良いときは、難しい球であってもヒットにするだけの能力を持つだけに下位ではもったいない。
そのために強打者で挟む4番に嵌めたのではないだろうか。
前にバレンティン(ミレッジ)後ろが畠山であればマークは分散する。
他に当てはまりそうな打順がないための4番というのは、少しおかしな感じだが、強打者が揃っていたスワローズだからこそ、逆に中心へ置くことにしたというのが本意であるように思う。
本来は左右の違いがあるとはいえ、ホークスの松田のようなタイプであり、レベルの高い“意外性の打者”という感じ。
左右のバランスを考えれば、5番に据えたいところだが、6番というのが現実的なところだろう。

畠山に関しては、3~6番どこにでも置ける。
チームの勝利を考え得点する確率を高められる打撃は、打率以上に価値があるだけに、来季4番の有力候補であるものの、監督としては“誰の前、後ろ”が合うかを見定めればいい、重量級の便利な打者と言える。

そして山田。
山田に関しては3番が適正というのは、誰が見てもそうだろう。
長打力と打率を兼ね備えた打者であり、出塁すれば走れる足を持つ盗塁王でもある。
まさに理想的な3番なのだが、もしバレンティンを4番に据えるとすると本来持っているものが生きるかどうか、やや心配になる。

タイプ、実績を考えれば、3番山田、4番バレンティンというのが至極当たり前の並びだ。
しかしバレンティンのここまでスワローズで見せてきたグラウンドでの性格を見ると、果たして山田の後を打つのが適任かどうか不安を持つ。
シーズン60本塁打の日本記録保持者である実績、それに加え打率も残せる打者であるバレンティンだが、“集中力”というものに難を抱えている。
バレンティンはランナーが走ることに関しては、クレームをつけるような選手ではない。
60本塁打を記録したシーズンにも、ランナースタートを見て、コンパクトな打撃をした場面が何度もあった。
動きがあることには何の問題もない。
ただし、牽制はどうかとなると心配だ。

山田が塁に出れば、当然牽制が増える。
開幕直後、記録が掛った状況、そして昨年のように優勝争いの渦中であれば、バレンティンの集中力が途切れることはないだろう。
しかしそういったものがない試合の際、山田に対しおそらく増えるであろう牽制に対して待ち続け集中力を持続できるかとなると不安がある。
我慢が利かず、ボール球に手を出す形が想像に難しくない。
こういう場面が何度もあれば、山田がいくら自重しても、相手はバレンティンを抑えるために牽制を繰り返すだろう。
そうなると、昨年山田が言っていた「ランナーを警戒させることで打者に甘い球を投げさせる」ということが、逆目に出る。
また山田の足というのはスワローズの攻撃にとって、大きな武器となっていたが、バレンティンを後に置くことで、それも使いづらくなる可能性が出てくる。

山田の盗塁王への影の貢献者は畠山だと言われている。
走るのを待ち、チャンスが拡大してから打つというのは、もともと球筋を見極めてからという待ちのタイプの畠山にも合っていた。
長打もあるが、なんといっても山田の魅力は足であり、総合力。
それを活かすには、昨年のように畠山の前というのが最もいいと考える。

そうなると3番山田はどうかとなって来る。
コンビを崩さなければ4番は畠山となる。
もちろん畠山は優勝を果たしたチームの4番であり、文句をつけるような選手ではない。
しかし相手が脅威に思う、契約最終年おそらく万全の状態でシーズンへ挑んでくるであろうバレンティンが5番へ下がるというのは、相手チームにとっては楽だろう。
なにしろもっとも長打を警戒しなければならない選手であり、四球を選ぶ選球眼も持っている。
ただし足は遅くはないが、盗塁の仕掛けはほぼないだけに、下位打線の前での出塁があったとしても、脅威とはならない。
シングルヒットOKという攻めをされては、バレンティンの良さが生きない。

となると結論は昨年も書いたが、バレンティン、山田、畠山という並びがベストということになる。
これがバレンティンの長打力と選球眼、山田の足をともに活かす形といっていいだろう。
また将来を考えても、4番山田というのは早めに試しておくべきだ。
来季契約が切れるバレンティンの去就、毎年故障がある畠山を4番にすれば、シーズン中そして来年以降また打順を再考しなければならない。
“メジャー志向”があるとはいえ、山田がその権利を行使できるFAまでは時間があり、ポスティング移籍を使うとしても、球団が許すのはまだ先の話。
そうなると、もし今季4番山田が固まれば、来季以降そこはしばらく考えなくてもいいということになる。
これは外国人補強などを考える場合も、球団にとってその選択を絞りやすくなることに繋がるだろう。

打率、本塁打といった打撃の能力だけでなく、“休まない”というのも4番の条件といえる。
真中監督が“3番最強説”を唱えているとしても、打順の中心は4番であることは変わりない。
その4番を替えないで済むというのは、打順を考える利点となる。
であれば、昨シーズンすべての公式試合のフルイニング出場を果たした山田がもっとも適任であり、全員右打者になるとはいえ、それをバレンティン、畠山で挟む形が理想と考える。


下の3つバナーはランキングサイトです。
「読んだよ」の合図に3つのクリック、忙しければひとつしてからのお帰りをお願いします

 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 野球ブログ 東京ヤクルトスワローズへ
にほんブログ村←この文字をクリック


blogram投票ボタン



人気ブログランキングへ
ブロマガシステムに関して、トラブル問い合わせはこちらまで
ブロマガ お問い合せフォーム

こちらもお読みください。記事更新メールについて


なるべく試合後早めにアップしますが、観戦環境などにより遅れることもあることをご了承ください。
新聞、雑誌などと違い編集者、校正者を通らない為誤字、脱字などがある場合はご指摘ください。
早急に対処いたします。
1、コメントに関して
これまでがそうだったように、ペースとしては試合のある日に一記事をアップする形となります。
その際コメントはひとりひとつにしていただければと思います。
コメント返しは昨年までと同様、遅くなってもするつもりです。
2、コメントの内容に関して
コメントと同士のやり取りは、避けていただきたいと思います。
野球という裾野の広いスポーツのファンということでいろいろな意見があるのは当然です。
ただ主張のぶつかり合いは、ヒートアップの原因ともなりますので、禁止事項とさせていただきます。
例外として、情報の交換は許可いたします。
3、人格、私生活批判
記事に対しての意見は受けますが、管理人、コメントをしてくれた方、選手、監督の人格批判や侮辱行為また読んでいる方が不快に感じるコメントがあった場合は、管理人の権限で削除させていただきます。
4、当ブログに掲載されているすべての文章の転載、転用、引用は禁止しております。
以上の4点が注意事項です。
関連記事
スポンサーサイト

Template Designed by DW99