Yahooショッピング

楽天

楽天カード

年会費永年無料

FC2ID登録・ポイント購入方法

ブロマガ購入にはFC2ID(無料)に登録していただき、クレジットカードでのお支払いまたはFC2ポイント(銀行振込等)を購入する必要があります。

FC2ID登録 FC2ポイント購入方法はこちらをご覧ください

?スカウティングレポート?林昌勇


今年のオフ、スワローズファンをもっともやきもきさせたのは林昌勇であっただろう。
彼が残留しなければ、投手陣の編成をすべて考え直さなければならず、再契約ということを考えればもっとも大きな補強だったいえる。
本人のコメントとして2年後のオフメジャー挑戦というものがあり、一部に批判的な見方をする人もいたが、それがモチベーションとなるならかえってチームにはありがたいのではないだろうか。
入団から3年間で自己最高の数字を残した今季、まだ力の衰えは感じない。
また3年間に植え付けたイメージは、強い武器となるだろう。

[投球]
一年目はほぼストレート中心だったが、ばてた2年目の反省もあってか今季は変化球を随所に混ぜていた。
もちろんこれもイメージを植え続けてきたことが影響している。
あのサイドから放たれる変則回転のストレートは厄介で、追い込まれたら厳しい。
打者はハナからストレートにヤマを張らざる得ないため、スライダー系で簡単にカウントを稼げることになる。
また林昌勇も、相手打者を覚えたという強みもあっただろう。
ある意味舐めたような投球で一発を浴びることはあったが、得点差や状況に応じて変えてくる投球パターンは経験がなせる技だ。
その経験を見せつけたのは、7月14日のドラゴンズ戦。
2?0とリードして迎えた9回マウンドに上がった林昌勇は、四球、ヒット、四球でノーアウト満塁のピンチを迎える。
ここでドラゴンズベンチは代打に野本を送ってきた。
林昌勇は野本にフルカウントまで持って来られてしまう。
ノーアウト満塁、2点差、フルカウント、このピンチに林昌勇が選んだ球種はシンカーだった。
それもアウトコース。
経験の浅い投手なら1点もやりたくないと思うシーン。
しかし林昌勇は、その後ろを打つ谷繁、堂上という打順を頭に入れていたと思う。
あえてストレート勝負にはいかず、最悪押し出しでも構わないという投球をしたように見えた。
その後、後続を打ち取りスワローズは1点差で逃げ切った。
経験のある抑えは得点よりも勝利を選ぶ。
こういう投球ができるクローザーはしかしなかなかいない。
そんな林昌勇を最後に置くスワローズ投手陣は、彼が故障さえしなければ今季以上の安定感を来季持つことができるだろう。

[総評]
来日当初は投げ方に反して「剛」の投手だった林昌勇だが、スライダー、シンカーを織り交ぜる「柔」の投球もできるようになってきた。
体にバネを感じるタイプだけに、衰えはそう感じない。
こういうタイプは、筋肉が柔らかく年齢よりも若い体を持っていることが多い。
心配なのは肩の稼働域の広さからの肩と球速を生んでいる下半身の故障。
投球自体は進化していると思われるだけに、故障以外の心配はないだろう。
来季もスワローズの最後のマウンドは林昌勇以外考えられない。


 
  「災い転じて福となす」由規のマメ記事
http://www.baseball-times.jp/

そんなものを題材に今回は書いてみました。
是非ご一読を!

  

にほんブログ村 野球ブログ 東京ヤクルトスワローズへ(文字をクリック)  
↑    ↑     ↑
1日1回文字のクリックをお願いします

ブログ村、スワローズ部門、プロ野球部門1位が続いています。
皆さんのクリックのお陰、ありがとうございます。
野球ブログ総合ランクでは、スワローズの成績に比例して下降気味TT。
1週間ごとの集計なので、
今後ともクリックへのご協力をお願いします。



blogramランキング参加中!
↑   ↑   ↑
1日1回文字のクリックをお願いします
blogramにも参加を始めました。こちらはヤクルトスワローズ部門2位ですので、1位を目指して頑張ります!

http://blog.with2.net/in.php?584810
↑   ↑   ↑
人気ブログランキングのランキングにも参加を始めました。
15位前後を行ったり来たり・・・。
こちらの方は、タイガースブログが強いですが、スワローズも負けずに行きたいと思っています。
こちらもついでにクリックをお願いしますm(__)m 
スポンサーサイト

?スカウティングレポート?中澤雅人


スワローズにドラフト1位で指名されながら、それほど期待されていなかった中澤。
しかしその予想を裏切り開幕から好調なスタートを切った。
チームが不振の中、連敗ストッパーにたびたびなるなど活躍を見せた。
ただ後半は尻すぼみ。
「終わりよければすべてよし」という言葉があるが、ルーキーとしては上出来の7勝を挙げながら良い印象を残せなかった。
先発ローテーションは故障がない限り4人が確定し、残りはふた枠。
リリーフ向きとは思えない中澤にとっては、来季は厳しい戦いとなるだろう。

[投球]
今季開幕前に、このブログの中で中澤のことを記事にした。
そのときに書いたのは「変な間のある投手」ということだった。
腕が遅れて出てくるというよりも、手首が遅れて出てくるそんなイメージの合った投手だった。
それが功を奏したのか、前半戦に勝ち星を積み重ねた。
チームが好調であれば、もう少し上積みがあったかもしれない、そんな内容だった。
しかし打って変わって、後半戦では出ると打たれるという姿をマウンドでさらすことが多かった。
もちろん慣れられたこともあるのだろう。
ただそれよりもやはり体力が持たなかったことが原因かと思われる。
ストレート、変化球ともプロでは並の投手。
そんな中澤が打たれなかったのは、もちろんコントロールの良さもあるが、やはり「間」があったからだろう。
しかし後半の中澤は普通の変哲もないフォームになっていた。
下半身の粘りがなくなり、腕も普通に振ってくる。
そうなれば特徴のない投手。
打たれて当然のことだ。
ただこれは体力をつければ済むことだから、来季に期待のできる部分はある。
問題はもうひとつのほうだ。
中澤はどうしてもベース板の上に投げたがってしまう。
アマチュアでは中澤ぐらいの球威でもコースに決まれば、打者は手が出なかったり打ちそこなったりしてくれるだろうが、プロは4番打者でさえ追い込まれればファールで逃げる。
投手はすべての球をミスせず投げることはできない。
そうしている間に、甘い球を投げてしまい打たれてしまうことになっていたのだろう。
中澤の球威では、ベース板の上だけの勝負ではプロの打者相手には厳しい。
来季はボールゾーンに投げるコントロールを身につけることが大切。
球種を増やすのもいいが、それよりもボールゾーンへ投げる練習を。
とくにチェンジアップをボールゾーンへ投げられるようになってもらいたい。

[総評]
基本的には「5分の投手」だろうが、石川もそう言われながら今の地位を築いた。
今季前半の粘りのあるフォームで一年を通じて投げれば、それなりの数字はついてくるだろう。
エースとして期待されている投手ではなく、先発ローテーションの5、6番手を争う投手。
そういうい意味では大きな故障もなく一年間ほぼ投げられたことは収獲。
あとは体力とボールゾーンに投げる技術。
欲をかかずカウントを目一杯使うつもりでなげてもらいたい。
 
  「災い転じて福となす」由規のマメ記事
http://www.baseball-times.jp/

そんなものを題材に今回は書いてみました。
是非ご一読を!

  

にほんブログ村 野球ブログ 東京ヤクルトスワローズへ(文字をクリック)  
↑    ↑     ↑
1日1回文字のクリックをお願いします

ブログ村、スワローズ部門、プロ野球部門1位が続いています。
皆さんのクリックのお陰、ありがとうございます。
野球ブログ総合ランクでは、スワローズの成績に比例して下降気味TT。
1週間ごとの集計なので、
今後ともクリックへのご協力をお願いします。



blogramランキング参加中!
↑   ↑   ↑
1日1回文字のクリックをお願いします
blogramにも参加を始めました。こちらはヤクルトスワローズ部門2位ですので、1位を目指して頑張ります!

http://blog.with2.net/in.php?584810
↑   ↑   ↑
人気ブログランキングのランキングにも参加を始めました。
15位前後を行ったり来たり・・・。
こちらの方は、タイガースブログが強いですが、スワローズも負けずに行きたいと思っています。
こちらもついでにクリックをお願いしますm(__)m 

?スカウティングレポート?押本健彦



一言で言えば「便利な投手」だ。
ベンチからすればありがたい投手だろう。
スワローズ移籍1年目から67試合、51試合そして今季は61試合と投げまくった。
昨年は先発でも投げた。
地味ながら、なくてはならない投手である。
今季は途中離脱があったものの、防御率2.66とスワローズ移籍後最高の数字をマーク。
どんな場面でも腐らず投げている姿勢に、頭が下がる思いがする。

[投球]
俗にいう「腕が遅れて出てくるタイプ」の投球フォームをしている。
肘が柔らかく、体が出てきた後に手首が遅れて現れる。
移籍してきた一年目は、それほど期待が高かったわけではないものの、途中まで防御率0点をキープ。
球速表示は140キロそこそこであるにも関わらず、打者が空振りをしたり喰い込まれたりしていた。
これは“伸び”があるというよりも、球離れをギリギリまで我慢して18.44を短くしていることが要因だと思われる。
打者は距離感が狂いとらえたはずが、喰い込まれている。
通常の投手を相手にしているときと同じようにタイミングを取っていると、打者は押し込まれてしまう。
昨日の増渕もそうだが、こういう投球をしている投手はスピードガン表示が高くでない。
押本の場合も球速表示が速い時のほうが打たれている感がある。
疲れが出て下半身の粘りがなく、球離れが早くなることから、スピードガン表示は上がっても打者にとっては普通のストレートに見えているのだろう。
たださすがに数字を残して来れば研究はされる。
今季はこれまでの2年間よりも、スライダー、フォークが配球の中に増えてきた。
どちらも大きく変化するものではないが、よいアクセントとなっているようだ。
課題はインコースへの攻め。
捕手がインコースを要求したとき、コントロールミスがボールではなく中に入ってしまうことが多い。
球種が少なく、緩急もない押本の場合はコースを広く使わなければ抑えるのは難しくなる。
ぶつけてはいけないという気持ちがあるのかもしれないが、リリーフ投手の場合一発は命取り。
ここを是非磨いてもらいたい。

[総評]
痛いところで一発を打たれることが多いせいか、評価されていない面はあるが、それだけ大事に場面で投げているということ。
数字を見れば応えているケースのほうが多い。
対戦打率もタイガース戦こそ3点台を超えているが、ジャイアンツ2.00.ドラゴンズ0.75、カープ1.69、ベイスターズは0と特別な苦手球団を持っていないのもリリーフ投手としては頼もしいところだ。
今季は本人の調子もあるが、役割がはっきりとせず、負け試合での登板も多くあった。
しかしこの3年間しっかり仕事をしてきている投手。
林昌勇の前か、松岡の前、どちらにしても勝ちパターンのなかで押本が一年を通じて仕事をすれば、投手陣が楽になる。
スワローズにとって大切な投手であることは間違いない。



  「災い転じて福となす」由規のマメ記事
http://www.baseball-times.jp/

そんなものを題材に今回は書いてみました。
是非ご一読を!

  

にほんブログ村 野球ブログ 東京ヤクルトスワローズへ(文字をクリック)  
↑    ↑     ↑
1日1回文字のクリックをお願いします

ブログ村、スワローズ部門、プロ野球部門1位が続いています。
皆さんのクリックのお陰、ありがとうございます。
野球ブログ総合ランクでは、スワローズの成績に比例して下降気味TT。
1週間ごとの集計なので、
今後ともクリックへのご協力をお願いします。



blogramランキング参加中!
↑   ↑   ↑
1日1回文字のクリックをお願いします
blogramにも参加を始めました。こちらはヤクルトスワローズ部門2位ですので、1位を目指して頑張ります!

http://blog.with2.net/in.php?584810
↑   ↑   ↑
人気ブログランキングのランキングにも参加を始めました。
15位前後を行ったり来たり・・・。
こちらの方は、タイガースブログが強いですが、スワローズも負けずに行きたいと思っています。
こちらもついでにクリックをお願いしますm(__)m 

?スカウティングレポート?川島亮


03年ドラフト自由枠でスワローズに入団。
エース番号17を背負いいきなり10勝を挙げ新人王を獲得。
この当時ジャイアンツのスコアラーが「現状プロ野球界で3本の指に入る右腕」といったほど、バランスの良い投手だった川島亮。
しかしこの年に痛めた肩が万全ではなく、翌年も9勝したものの規定投球回数には届かず、以来一年を通して働くことはなく、今季はついにキャリアワーストの1勝に終わった。
それもリリーフで挙げたもの。
次期エースと言われた川島は若手に抜かれ、来季はローテーションを賭け最後の勝負にでるという。

[投球]
デビュー当時の川島亮はストレートのキレがよく、変化球も多彩、コントロールも良いというバランスの取れた投手だった。
とくに右打者相手のアウトローのストレート、左打者に対してのカットボールは威力があり、強気の攻めがときに一発となることはあったものの、それでも逃げない姿勢にエースの予感を感じさせていた。
しかし肩の故障から、フォームを修正。
ここから川島亮の球筋が狂って行く。
きれいに筋を描いていたストレートはシュート回転するようになり、ボールが中へ集まる。
それを怖がり、フォークの連投となった。
まるでリリーフ投手のような投球パターンであるため、長い回持たない。
そしてまた肩の違和感を起こすという悪循環に陥ってしまった。
今季は交流戦リリーフでらしい投球を久しぶりに見せたが、やや登板過多になりやはり抹消。
シーズン終盤まで姿を見せることはなかった。
今季は多少直っていたが、デビュー当時の川島亮は、足を上げたとき真っ直ぐ立っていた。
それが肩の故障から一塁側に倒れるようになった。
その態勢から腕を出そうとすれば、自然と左肩は開きシュート回転し、コントロールも定まらない。
肩の故障があっただけに、元の球威を戻すのは難しいだろうが、もともと投球術にも光るものを持っていた投手。
球威ではなく、球筋をデビュー当時の戻すのが先決だろう。

[総評]
来季はデビュー当時のフォームに戻すという。
それで壊れたらそれまで・・・そういう気持ちで臨むシーズン。
肩さえ万全であれば、試合をまとめられる投手であることは間違いない。
リリーフで使うには故障が怖いだけに、先発オンリーでの起用を考えてもらいたい。
調子の良い時に見せた、捕手からの返球を受け取る時の、ふてぶてしく肩をゆすってマウンドを降りながら受け取る姿を来季は何度も見せてもらいたい。

  「災い転じて福となす」由規のマメ記事
http://www.baseball-times.jp/

そんなものを題材に今回は書いてみました。
是非ご一読を!

  

にほんブログ村 野球ブログ 東京ヤクルトスワローズへ(文字をクリック)  
↑    ↑     ↑
1日1回文字のクリックをお願いします

ブログ村、スワローズ部門、プロ野球部門1位が続いています。
皆さんのクリックのお陰、ありがとうございます。
野球ブログ総合ランクでは、スワローズの成績に比例して下降気味TT。
1週間ごとの集計なので、
今後ともクリックへのご協力をお願いします。



blogramランキング参加中!
↑   ↑   ↑
1日1回文字のクリックをお願いします
blogramにも参加を始めました。こちらはヤクルトスワローズ部門2位ですので、1位を目指して頑張ります!

http://blog.with2.net/in.php?584810
↑   ↑   ↑
人気ブログランキングのランキングにも参加を始めました。
15位前後を行ったり来たり・・・。
こちらの方は、タイガースブログが強いですが、スワローズも負けずに行きたいと思っています。
こちらもついでにクリックをお願いしますm(__)m 

?スカウティングレポート?増渕竜義


06年オフのドラフトでスワローズに1位指名を受けた増渕。
県立の野球名門校ではない学校の出身なため、荒削りな印象は否めなかったが、素材はイーグルスに指名された田中を上回ると言っていた関係者もいる。
その代表格が高田監督だが、置き土産のように増渕は今季覚醒した。

[投球]
デビュー当時のややサイドハンド気味の投げ方が変わり、現在はスリークォーターに近くなっている。
春先のキャンプでは、昨年に続きスピードが戻らず先発テストされたもののローテーションを奪うことはできなかったが、リリーフで起用されると中継ぎから夏場には押本の不調もあってセットアッパーに定着。
勝利の方程式の一翼を担った。
リリーフ起用で結果は出た。
その理由を短いイニングだから球威で押すことができたためと結論づけてたものを多くみた。
しかしそう結論付けるのは早いと思われる。
1、2年目の増渕の持ち球はストレートとシンカー、ほぼこの2種類だけだった。
サイド気味のフォームだったせいかどちらもシュート回転。
右打者を苦しめるには十分な球だったが、左打者にはアウトコース一辺倒となってしまい打ちこまれることが多くあった。
それでもストレートが走っていたときは長い回を投げることもあり、非凡さを見せていた。
そして今季である。
増渕の持ち球の中にスライダーが加わった。
1年目にも少し投げていた球種だが、自信がないのかほとんど投げることはなかった。
しかし明らかに今季は増えていた。
松岡のときにも触れたが、リリーフ投手は先発と違い1点も許されない場面で投げることが多い。
そのため勝負球の連投になりがちだ。
そんな立場で登板しながらもスライダーを投げられるようになったのは、自信のある球種になったということだろう。
そのスライダー自体は、ストレート、シンカーと較べると凄みのある球ではない。
ただ増渕といえば、相手はストレートを意識する。
球速は150を超えないことが多いものの、肘が柔らかく球離れが遅いため、打者にはスピードガン以上に感じられる重そうな球だ。
またシンカーも意識の中にあるだろう。
それにより右打者はインコースを左打者はアウトコースを意識する。
そこへ微妙な抜け具合のスライダー。
これがカウント球にもときには裏をかく勝負球にもなる、増渕の武器となった。
このひとつ増えたこれまでの増渕にはなかったスライド回転の球種が今季の好成績を生んだものだと考えている。
左打者への対戦打率も.189と右打者を上回った。
けして短いイニングだから通用したとは思わない。

[総評]
荒木コーチの「先発転向説」には賛否両論ある。
リリーフで結果が出たのだから、先発に戻す必要はないということなのだろう。
ただスワローズの先発はけして揃っているわけではない。
石川、館山、村中、由規と4本はいるもののそれ以降は決まっていない。
それもこの4本が無事でいるという前提がある。
先発が脆ければいくら後ろが強くても宝の持ち腐れだ。
増渕自信はリリーフで自信を持っただろうし、ベンチもリリーフで使える目処は立ったと思っているだろう。
だからと言って決めつける必要はない。
一昨年のドラゴンズの開幕投手を務めた浅尾は、年の終わりにはセットアッパーになっていた。
シーズンの途中で変わっても構わないのではないだろうか。
また以前、五十嵐亮太のときに書いたが、必ずしも先発調整がリリーフ投手にシーズン中不利となることはない。
五十嵐が最優秀救援投手を獲ったときは、先発を直訴した年。
一昨年の松岡もオープン戦までは先発を争っていた。
今季の増渕も春先は先発を狙い調整していたはずだ。
チームの状況によっては、最初からリリーフに固定されるかもしれないが、荒木コーチの発言は必ずしも間違いではないように思っている。
まだ若く可能性のある投手。
今季形が作りつつあった増渕を、今の実力で先発で試してみてもいいだろう。
もしはまればローテーションはより強固となる。
エースの素材は村中、由規だけではなく増渕にもあるはず。
固定するのは来季の結果を見てからでも遅くない。

 

  「災い転じて福となす」由規のマメ記事
http://www.baseball-times.jp/

そんなものを題材に今回は書いてみました。
是非ご一読を!

  

にほんブログ村 野球ブログ 東京ヤクルトスワローズへ(文字をクリック)  
↑    ↑     ↑
1日1回文字のクリックをお願いします

ブログ村、スワローズ部門、プロ野球部門1位が続いています。
皆さんのクリックのお陰、ありがとうございます。
野球ブログ総合ランクでは、スワローズの成績に比例して下降気味TT。
1週間ごとの集計なので、
今後ともクリックへのご協力をお願いします。



blogramランキング参加中!
↑   ↑   ↑
1日1回文字のクリックをお願いします
blogramにも参加を始めました。こちらはヤクルトスワローズ部門2位ですので、1位を目指して頑張ります!

http://blog.with2.net/in.php?584810
↑   ↑   ↑
人気ブログランキングのランキングにも参加を始めました。
15位前後を行ったり来たり・・・。
こちらの方は、タイガースブログが強いですが、スワローズも負けずに行きたいと思っています。
こちらもついでにクリックをお願いしますm(__)m 

Template Designed by DW99