Yahooショッピング

楽天

楽天カード

年会費永年無料

FC2ID登録・ポイント購入方法

ブロマガ購入にはFC2ID(無料)に登録していただき、クレジットカードでのお支払いまたはFC2ポイント(銀行振込等)を購入する必要があります。

FC2ID登録 FC2ポイント購入方法はこちらをご覧ください

初夢で見た!今年の一押しは館山昌平?アウトサイドレポート更新


プロ野球も自主トレが始まり、当面はキャンプを待つばかり。
そんな中新年一発目のアウトサイドレポートは、今季一押しの選手。


紘野涼の注目は館山投手。
是非今季はエースの称号を石川から奪い取るような活躍を祈っています。
では一読を!



「読んだよ」の合図にクリックの下のクリックもm(__)mします

  

にほんブログ村 野球ブログ 東京ヤクルトスワローズへ(文字をクリック)  
↑    ↑     ↑
1日1回文字のクリックをお願いします

ブログ村、スワローズ部門、プロ野球部門1位が続いています。
皆さんのクリックのお陰、ありがとうございます。
野球ブログ総合ランクでは、スワローズの成績に比例して下降気味TT。
1週間ごとの集計なので、
今後ともクリックへのご協力をお願いします。



blogramランキング参加中!
↑   ↑   ↑
1日1回文字のクリックをお願いします
blogramにも参加を始めました。こちらはヤクルトスワローズ部門1位になりました。
2冠達成皆様のおかげです。

http://blog.with2.net/in.php?584810
↑   ↑   ↑
人気ブログランキングのランキングにも参加を始めました。
15位前後を行ったり来たり・・・。
こちらの方は、タイガースブログが強いですが、スワローズも負けずに行きたいと思っています。
こちらもついでにクリックをお願いしますm(__)m
スポンサーサイト

tak2111さんとの思い出


その頃はライター稼業に復帰したばかりで、仕事もそれほどなく、書き癖をつけるためにこのブログを始めました。
コメントが入ることも少なく、またそれを気にすることもなく、好き勝手に書いていました。
そんなとき、一通のコメントが入ります。
丁寧な言葉とは裏腹に、会社の会議中に読んでいるということでした。
それがtak2111さんとの出会いです。

tak2111さんは、日本人なら誰でも知っている企業に勤める方で、そのときは海外転勤。
遠く海の向こうから自分のブログが読まれていることに驚くと同時に、インターネットの凄さを感じました。

takさんとは、「日本に帰ったら一緒に神宮へ行きましょう」という約束をしていて、一昨年それを実現させました。
神宮のバックネット裏2階のB指定席で、石川のノックアウトと吉村、村田のアベックアーチをしっかり見せつけられました。

その後は軽く飲んだのですが、なかなか読んでくれている方に直接会う機会はありませんから、非常に貴重な経験をさせてもらいました。
とくに高校まで本格的に野球をやられていたtakさんに内容を褒めてもらうのは照れくさくもうれしくありました。
そのときに「また見に行きましょう」「オフ会もやれたらおもしろいですね」という話をしたのですが、どちらも実現することなく・・・といっても別にtakさんに不幸があったわけではありません。
http://blogs.yahoo.co.jp/tak2111/32689479.html
こちらにあるように、takさんは再び海外へと旅立っていくのでした。

一流企業の幹部社員とマスコミにぶら下がるのが精一杯の逮捕されたら“自称フリーライター”とされるような僕が、ブログを通じて知り合えました。
本来は接点がないはずが、スワローズファンというだけで繋がることができました。

ここに来るたくさんコメントをくださる皆様ともお会いする機会は未だありませんが、いつか実際お話してみたいものだと思っています。

このブログの最古参の読者のひとりであるtakさん。
どうぞ体に気をつけて、無事にいつか日本に帰ってきてください。
そして強くなったスワローズを見に、神宮へ行きましょう!


  「災い転じて福となす」由規のマメ記事
http://www.baseball-times.jp/

そんなものを題材に今回は書いてみました。
是非ご一読を!

  

にほんブログ村 野球ブログ 東京ヤクルトスワローズへ(文字をクリック)  
↑    ↑     ↑
1日1回文字のクリックをお願いします

ブログ村、スワローズ部門、プロ野球部門1位が続いています。
皆さんのクリックのお陰、ありがとうございます。
野球ブログ総合ランクでは、スワローズの成績に比例して下降気味TT。
1週間ごとの集計なので、
今後ともクリックへのご協力をお願いします。



blogramランキング参加中!
↑   ↑   ↑
1日1回文字のクリックをお願いします
blogramにも参加を始めました。こちらはヤクルトスワローズ部門2位ですので、1位を目指して頑張ります!

http://blog.with2.net/in.php?584810
↑   ↑   ↑
人気ブログランキングのランキングにも参加を始めました。
15位前後を行ったり来たり・・・。
こちらの方は、タイガースブログが強いですが、スワローズも負けずに行きたいと思っています。
こちらもついでにクリックをお願いしますm(__)m 

目指せタイトル!


プロ野球界でリリーフ投手の存在が大きくなってから久しい。
スワローズのセットアッパーの2人が今日契約更改を終えた。
押本は61試合、松岡は73試合と今季も良く投げれくれた。
2人とも当然アップ更改。
スワローズ投手陣にとって、イムと並び、この2人はスワローズになくてはならない存在だ。

松岡は会見の中で“優勝”と初タイトルを目指すことを公言した。
目立つことが嫌いと公言する松岡にすれば珍しいことだ。

今季松岡のホールドポイントは37。
浅尾の59、久保の40に次ぐリーグ3位。
当然手の届くところまで来ているだけに、手応えもあるのだろう。

上位5人にドラゴンズの浅尾、高橋、ジャイアンツの久保、タイガース久保田と上位チームのセットアッパーが並んでいる。
それだけチームの順位に直結するということだろう。
松岡がタイトルに近づけば近づくほど、チームの成績は上がるといえるかもしれない。

疲れが心配される松岡。
ここ何年もスワローズはリリーフ偏重といわれ、実際五十嵐、石井弘の2人は故障を起こした。
五十嵐は復帰しメジャー移籍を果たしたが、それより早く海を渡るはずだった石井弘は来季に進退を賭ける状態だ。
しかし今季に限っては、それほどスワローズの勝ちパターンはイメージほど酷使されてはいない。
今季20ホールドポイント以上挙げた投手は、セリーグで10人。
その中で70試合以上登板した投手が5人いる。
浅尾72試合80回1/3、久保79試合91回、松岡73試合71回2/3、久保田71試合81回2/3、山口(G)73試合88回2/3となっている。
松岡だけが登板数を回数が超えていない。
ジャイアンツの山口は先発登板があったために並列で較べるのは良くないかもしれないが、それでも他の投手はリリーフ専任、勝ちパターンの投手。
ちなみにスワローズのもうひとりのセットアッパー押本も61試合で61回となっている。
ホールドポイント上位10人の中で、登板数が回数を下回っているのは3人しかいない。
もちろん投球回数というのはアウトカウントを取ってはじめて着くものだけに数字のマジックの部分はある。
スワローズの試合を見ているとたくさん投げているように見えるが、意外と気を遣いながらベンチが使ってきたことが分かる数字ともいえる。

しかしここ3年セットアッパーとして投げ続けた松岡には、たしかに勤続疲労が見える。
ホールドポイント3位、上位10人の中で防御率2.64は4位と安定感は見せているものの、被本塁打率は1.13と8位まで落ちてしまう。
2位の久保は2.77と防御率は松岡に劣るものの、被本塁打率は0.79と低い。
ちなみに松岡とともにスワローズの勝利の方程式をになってきた押本は0.89、増渕0.75、林昌勇は0.49。
林昌勇は別として、押本、増渕よりも防御率が上の松岡。
それだけ一発で失点をしてきたということになる。
1点が命取りになる後ろを任される投手で、一発病は怖い。
まして一発というのは継投のタイミングもない。
この辺りが来季の課題となっていくだろう。

松岡がセットアッパーに定着した年は0.50、昨年は防御率4点台としたものの被本塁打率は0.81と今季ほど悪くない。
もともと“一発病”だった投手ではないということが、ここからわかる。

松岡は三振奪取率こそ8.67と高いものはあるものの、本来球威で押す投手ではない。
バックスイングが小さく打者がタイミングを取りずらいのと、肘が高く上がり角度をつけて低めに投げられるのが松岡の特徴。
本来の速球派が見せるような、高めが伸びるというタイプではなく、低めにキレというストレート。
プラスしてフォークというのが持ち味だ。
調子落ちや疲れから肘が低くなってきたときは要注意といえる。
また本人の口から出たように、組み立てにも工夫が必要。
これだけの数字を3年間出して来れば、当然研究されてくる。
ここでもなんどか書いたが、カウントも勝負球もフォークという偏りが気になる。
もう“松岡はフォーク”というイメージは定着したはず。
それを利用してのカウントの取り方を、相川とともに研究してもらいたい。

林昌勇残留で優勝への希望が満ちてきているスワローズだが、その前を投げる松岡の存在も同じくらい重要なもの。
一年間調子を維持するのは難しいだろうが、来季は夏場にピークが来るような調整をしてもらいたい。
ペナントレースの勝負どころでの松岡の存在が、チームを上位に押し上げるはずだ。

  「災い転じて福となす」由規のマメ記事
http://www.baseball-times.jp/

そんなものを題材に今回は書いてみました。
是非ご一読を!

  

にほんブログ村 野球ブログ 東京ヤクルトスワローズへ(文字をクリック)  
↑    ↑     ↑
1日1回文字のクリックをお願いします

ブログ村、スワローズ部門、プロ野球部門1位が続いています。
皆さんのクリックのお陰、ありがとうございます。
野球ブログ総合ランクでは、スワローズの成績に比例して下降気味TT。
1週間ごとの集計なので、
今後ともクリックへのご協力をお願いします。



blogramランキング参加中!
↑   ↑   ↑
1日1回文字のクリックをお願いします
blogramにも参加を始めました。こちらはヤクルトスワローズ部門2位ですので、1位を目指して頑張ります!

http://blog.with2.net/in.php?584810
↑   ↑   ↑
人気ブログランキングのランキングにも参加を始めました。
15位前後を行ったり来たり・・・。
こちらの方は、タイガースブログが強いですが、スワローズも負けずに行きたいと思っています。
こちらもついでにクリックをお願いしますm(__)m 

宮本慎也・進退と優勝を賭ける2年契約


スワローズのチームリーダーである宮本が、4000万ダウンの1億8千万の2年契約で更改を終えた。
ダウンは残念だろうが、40歳を超えての2年契約はありがたいものとなっただろう。
とりあえず再来年まで宮本のプレーをグランドで見れることになる。

2000本安打まであと168本。
今季の安打数が129本、達成するには最低1年はレギュラーを務めなければ届かない数字。
本人もインタビューで「少し前まで安泰と思っていたが、危機感を感じている」と語っていたが、チーム内での存在感は失ってはいないものの、成績は少しずつ下降線をたどっている。
「サードは攻撃型が望ましい」と本人も認めているように、自分のがサードに入ることによって、打線のバランスが悪いということを感じているのだろう。
とくに今季本来サードが本職の畠山が不慣れなレフトを守りながらも、自己最多の14本の本塁打を放って見せた。
守備では宮本の足元にも及ばない畠山だが、長打力と安定感を併せ持った打撃で挑戦状を叩きつけている。
クリーンアップはもちろんのこと4番にはまることもできる選手だけに、宮本が首脳陣的な考えをすれば畠山はサードの適任者ということになる。

ただ昨日石川が語っていたように、簡単に抜かれてはチーム力は上がっていかない。
由規や村中の前に石川が立ちはだかるように、相川が川本以下若手捕手の壁となっているように、宮本も簡単に譲るつもりは毛頭ないだろう。

「現役の間に優勝を」と宮本は言っている。
現状約束されている現役期間はあと2年。
2000本と優勝を天秤にかければ、当然優勝と宮本は間髪にいれずに答えるはずだ。
宮本にとって若手時代から久々の本格的なレギュラー争い。
その争いが過熱すればするほど、スワローズのチーム力は上がっていく。
それがそのまま優勝争いにつながるのは間違いない。

  「災い転じて福となす」由規のマメ記事
http://www.baseball-times.jp/

そんなものを題材に今回は書いてみました。
是非ご一読を!

  

にほんブログ村 野球ブログ 東京ヤクルトスワローズへ(文字をクリック)  
↑    ↑     ↑
1日1回文字のクリックをお願いします

ブログ村、スワローズ部門、プロ野球部門1位が続いています。
皆さんのクリックのお陰、ありがとうございます。
野球ブログ総合ランクでは、スワローズの成績に比例して下降気味TT。
1週間ごとの集計なので、
今後ともクリックへのご協力をお願いします。



blogramランキング参加中!
↑   ↑   ↑
1日1回文字のクリックをお願いします
blogramにも参加を始めました。こちらはヤクルトスワローズ部門2位ですので、1位を目指して頑張ります!

http://blog.with2.net/in.php?584810
↑   ↑   ↑
人気ブログランキングのランキングにも参加を始めました。
15位前後を行ったり来たり・・・。
こちらの方は、タイガースブログが強いですが、スワローズも負けずに行きたいと思っています。
こちらもついでにクリックをお願いしますm(__)m 

来季こそ・・・


プロ野球も完全なオフに入り、契約更改の話題が続々と入ってきている。
スワローズも続々と主力選手が登場してきた。
今日はエース石川と後半の打線を支えた飯原、畠山が更改を終えた。
石川は複数年のため現状維持だが、飯原、畠山はともにアップ。
来季レギュラーの座を確固たるものにする決意を語った。
とくに寡黙で具体的な目標を口にすることのほとんどない畠山が「25本以上、100打点」と数字をあげた。

今季の畠山は93試合の出場で打率.300、14本、57打点という成績だった。
一昨年4番を張ったときは規定打席に到達していたため、打率こそ較べることはできないが、本塁打は08年の9本から14本とアップ。
試合数が少なかったため打点は08年にひとつ届かなかったが、チーム3位。
打席数のほとんど変わらないホワイトセルを上回る数字を残して見せた。

来季から畠山の良さも悪さも熟知している小川監督が正式に就任。
秘蔵っ子といわれる畠山にとってはチャンスだが、同じように抜擢を受けた飯原と較べれば、守備、走塁に難点がある分、その道筋は厳しい。

ライバルは揃っている。
まず未経験ながら守備に目をつぶって起用してもらったレフト。
そこにはバレンティンがやってくる。
守備は雑と言われているが外野は本職、強肩であり走力も持っているという。
まだ26歳ということと3Aで残した数字をみれば、粗さが見受けられるが、新外国人であるため慣らしで使われる可能性がある。
他にも復活を期す濱中、宮出も控えている。

サードは言わずと知れたチームリーダー宮本がいる。
一度レギュラーを外されてしまえば、宮本の年齢を考えると取り返すのは難しい。
来季に進退がかかといったつもりで宮本もシーズンに臨んでくるだろう。

ファーストのライバルは4番の最有力のホワイトセル。
ここをもし畠山が奪うようであれば、チーム待望の和製4番、しばらく心配しなくていい打線の軸が出来上がる。
ただとって代わるには、畠山の口にした言葉通りの数字を残さなければならないだろう。

池山がインタビューで「和製大砲が育たないと、長期間チームが強くいるのは難しい」と語った。
そのときに具体的な名前として上がったのが畠山と飯原。
レフト、サードなら守備で上回れない分打撃で、ファーストであれば確実性と勝負強さで・・・とにかく打つしかない。

まだレギュラーが確定しているわけではない畠山。
キャンプ、オープン戦から結果、内容ともに求められる。
たしかにレギュラー争いは激しいが、畠山がそれを乗り越えたとき、スワローズの打線の軸が出来上がり、1番青木から始まる理想のオーダーが組めることになる。


  「災い転じて福となす」由規のマメ記事
http://www.baseball-times.jp/

そんなものを題材に今回は書いてみました。
是非ご一読を!

  

にほんブログ村 野球ブログ 東京ヤクルトスワローズへ(文字をクリック)  
↑    ↑     ↑
1日1回文字のクリックをお願いします

ブログ村、スワローズ部門、プロ野球部門1位が続いています。
皆さんのクリックのお陰、ありがとうございます。
野球ブログ総合ランクでは、スワローズの成績に比例して下降気味TT。
1週間ごとの集計なので、
今後ともクリックへのご協力をお願いします。



blogramランキング参加中!
↑   ↑   ↑
1日1回文字のクリックをお願いします
blogramにも参加を始めました。こちらはヤクルトスワローズ部門2位ですので、1位を目指して頑張ります!

http://blog.with2.net/in.php?584810
↑   ↑   ↑
人気ブログランキングのランキングにも参加を始めました。
15位前後を行ったり来たり・・・。
こちらの方は、タイガースブログが強いですが、スワローズも負けずに行きたいと思っています。
こちらもついでにクリックをお願いしますm(__)m 

Template Designed by DW99